白髪を抜くと、逆に白髪が増えると言った噂を聞いたことがありますか?

これは正直根拠がないただの噂です。
ただ、白髪を抜くと新しく白髪ができるわけではないですが、頭皮自体にはダメージを与えてしまうのは事実です。

白髪が生えていても、毛髪が生えている以上、毛根自体は健康です。
それを無理やりちからずくで引っこ抜いているのですから、毛根にはダメージを与えていることになります。
結果、毛根が弱って毛が抜ける可能性がでてきます。

しかし、心理的に黒髪に白髪が1本混ざっていると抜きたくてしかたなくなりませんか?

そんな時は抜かずに根元あたりからはさみで切り取るようにして下さい。
白髪ができる理由をここで見ていきます。
まず、頭皮にある米良のサイトという色素形成細胞が機能低下に陥り、
メラニン色素が上手く生成できなくなってしまうのが白髪ができる要因となります。

メラニン色素が黒髪の色素ですから、その量が減ってしまうと黒く保てなくなるのはわかりますね。
この、メラノサイト機能低下の理由にあげれらているのが、「ストレス」「加齢」「食生活」「生活習慣」だそうです。

加齢は、生物である以上避けられるものではありません。これは仕方のない事でしょう。ストレスは、血流不全になり身体機能も低下させますので、メラノサイトに栄養素を運べなくなります。
それでメラニン色素が減少し、白髪になるのです。

そして、とても重要なのが「食生活」「生活習慣」で、この2点を気をつけていくだけでもある程度の白髪予防ができるそうです。
毛髪の成長に、アミノ酸、リジンといった栄養素が必要ですが、特にリジンは良質なたんぱく質に多く含まれます。そういった栄養分を含む食品をバランス良く摂取するといいでしょう。

生活習慣で大切なのは、睡眠の質、量です。時間は自分で調整できるでしょうが、
睡眠の質を高める為にはどうしたらいいでしょうか。

良い方法として、適度に運動をすることをお勧めします。
多忙な方は運動に行く時間をとることができないかもしれませんが、
寝る前にストレッチをするだけでもかまわないのです。

毎日身体を動かすことで、睡眠の質をあげることができます。
白髪染めに頼らない未来があるといいですね。

美容室でプロに任せて染める場合


白髪を染める場合、美容室を利用する方も当然いるでしょう。

やはりプロに任せた方が、仕上がりも美しく安心出来るので、精神的にもとても楽だと思います。今まで気付かなかった薄毛などを知ることができたり、その薄毛の原因なども分かりやすく教えてくれることもあります。
でも、白髪はすぐに生えてくるので頻繁に通うのはかなり難しくなるでしょう。2週間ごとに美容室に通うとしたら経済的・時間的に余裕がある方と限られてしまいます。

自宅で染める方法を選択されてる方もいると思いますが、ほとんどの方は2つに分けられたチューブ入りのクリームタイプをご存知ではないでしょうか。

1剤の働きは、髪のキューティクルを開いて内部に染料を誘導させていきます。
2剤は1剤の染料を活性化して発色を促します。これは酸化剤とも呼ばれています。
しかし、2剤に配合されている過酸化水素水は、身体にとっては有害な成分なのでリスクを背負って美容を行っていることを認識する必要があります。

でも最近では、お風呂で使用できるシャンプータイプやトリートメントタイプの白髪染めも発売されています。これは天然の成分が配合されているので、髪の手入れと同時に白髪が染められて髪が傷むこともありません。人気が急上昇している製品になります。「人気白髪染めランキング」のような多数の製品を紹介しているサイトで参考にしてみるのも良いでしょう。

天然の成分ゆえもあり、製品にもよりますが、1回の使用では白髪が染まらない場合があります。このタイプは継続することで白髪がだんだん染まっていくのです。もちろん、1回できちんと白髪が染められる製品もあるでしょう。

その他には、変わったものとして外出前にヘアクリーム変わりに塗って、自然の光や蛍光灯などで色を浸透させていく白髪染めもあります。一日中そのままにしておき、バスタイム時のシャンプーで落とすものです。その間は通常のことをして構いません。染める時間がない方はこのような白髪染めが楽ではないでしょうか。でも、白髪染めのタイプは本当に様々です。どのような仕上がりが希望なのか、その際のリスクはどうするのか、自分に合った白髪染めを見極める必要があります。